カテゴリー
資産形成の思考法

フェラーリを無料で手に入れる方法

今日はマーケットは休みなので、投資理論というより資産を作る上での思考法の話をしたいと思います。

 

かなりセンセーショナルな題名ですが、情報商材のような再現性の低い話をしたいわけではありません。

 

フェラーリってカッコいいですよね。人生一度しか無いのであれば一度は乗ってたい車だと思います。

 

フェラーリに限らずこのような高価格な物やサービスは、本当に手に入れようと思わないと手に入れることは出来ないと思います。

 

では、どうやったらフェラーリを無料で手に入れるかを説明したいと思います。

 

一般的に高級車を買おうと思って場合、方法は以下の2つのどちらかを選択されると思います。

 

・給料で貯金をして現金一括で買う

 

・ローンを組んで毎月の給料で買う

 

この2つの方法にはある共通点があります。ここがとても大切なポイントです。

 

どちらの選択も貴方が汗水垂らした労働で得たお金で買うということです。

 

この方法を選択している限り富裕層への道はかなり遠ざかると思います。

 

では私ならどうするかと言うと、株式から産み出される配当金という不労所得のローン払いで買います。

 

例えばフェラーリの正規ディーラーでの価格を参考にして説明をします。

 

2014 Ferrari California T

1,720万円 走行距離 13,116km 

 

これをボーナス払い無しの金利2%、元利均等返済の期間を10年でローン計算すると、毎月の支払額は158,263円となります。

 

158,263円を月々支払うと年間の支払いは1,899,156円となるので、税引き後の配当金で支払うためには4%の配当利回りで計算すると、47,478,900円の投資元本があれば良いのです。

 

維持費などを考慮するともう少し余裕があった方が良いとは思います。

 

この思考法は、住宅取得にも応用出来ると思います。

 

フェラーリを買う、家を買うなどの大きな欲を手に入れるためには普段の小さな欲は捨てるべきだと思っています。

 

給料をコツコツ貯めて現金一括で買ってしまえば、フェラーリは手に入るかもしれませんが、投資で資産を増やすという可能性を捨てることになります。

 

物事には順序があるはずです。まず大きな資産を形成することに集中して、そこから産み出される資金で贅沢品を買うことにするだけで、人生は大きく変化すると思います。

 

このブログを読んでくれている皆様には、是非フェラーリを無料で手に入れてもらいたいと思っています。

 

カテゴリー
資産形成の思考法

富の形成の流れを理解する

マーケットが休みだと、資産額の変動が無いので退屈です。最近はマーケットが好調なので、毎朝起床時に株の時価を見ると、本業の月額サラリー以上に資産が増えていたりするので刺激です。

 

休日はYouTubeを見たりしながら、新しい稼ぎ口を探したりするのが習慣となっているのですが、面白い動画あったので紹介したいと思います。

 

https://www.youtube.com/watch?v=KIaC7AKajt8

 

年収チャンネルの株本氏は、StockSunの創業者で自社で雇用する代わりに、フリーランスのネットワークを構築して事業を拡大していく新しい組織を作った人です。

 

今回の動画はネットワークビジネス(マルチ商法?)のアリックスから、ZOOM面談の勧誘を録音で公開しているものです。

 

日本でもネットワークビジネスで有名な会社と言えば、アムウェイやニュースキンだと思いますが、最近は首都圏でアリックスが勢力を拡大しているようです。

 

ネットワークビジネスとはねずみ講に近い事業形態と理解している人が多いと思いますが、名目上では商品を流通させるのが目的なので、新規会員の入会金などの搾取するねずみ講とは一線を画すようです。

 

ただ、入会金が必要だったり月にサブスクリプションのように商品を定期購入していかないといけないので、初期投資やランニングコストを回収するのは難しく、本当に稼げる人は一握りであることは他のビジネスと同じですね。

 

自分の近い関係にビジネスの仕組みを営業したり、情報商材ビジネスのようにSMSで金持ち演出の画像や動画を投稿して、情報弱者を集客してリスト作成→商品の営業などの流れは、あまり個人的にはやりたくないビジネスではあります。

 

親が子供を勧誘して、さらにその子供が孫を勧誘して上納金が親にも還流していく流れは、富を形成していく構造を理解するにはとても役立つことは間違いないですね。

 

投資の極意というブログでも書いたように、種銭を作って永続的にキャッシュを産み出す優良銘柄に投資をして、さらにその配当を再投資することで源流を大きくしていく構造も根本は同じかなと思います。

 

どんなビジネスでも、やり方次第では成功する人もいればそうではない人もいるというのは、資本主義とは誰でも成功できるチャンスがあるのだと、改めて考えさせられました。