カテゴリー
書評

外出自粛期間に読んでおきたいおすすめ本

1%の努力 ひろゆき

2ちゃんねるの創設者ひろゆきの思考を紹介した本です。辛くなったら逃げるをモットーに緩く生きることを提案しています。本人曰く弱者の味方であるとのこと。

事業のコピペ術 宮嵜太郎

食品の移動販売会社「豆吉郎」を創業、全国最大の移動販売組織を構築してその後事業を売却。物を売るのではなく事業の仕組みを販売するという、フランチャイズ方式が非常に分かり易く纏められています。

99%の人が気づいていないお金の正体 堀江貴文

お金の起源から歴史、現在の稼ぎ方を堀江氏の斬新な考え方が理解できます。近未来を予測するためには一読することお勧めします。

会社は伸びているときに売りなさい 島袋直樹

著者は既に事業を複数売却経験のあるアントレプレナーです。旧来、会社の売却はあまり良いイメージとして捉えられていなかったですが、これからは戦略的に事業を売却することが、出口戦略としての手段になることが理解できます。

お金の真理 与沢翼

情報商材で荒稼ぎしていた過去からあまり良いイメージが無いかも知れませんが、やはりお金を稼ぐというセンスはとてもあり、学べることが沢山書かれています。今までの著者の本よりはかなりマイルドな切り口で書かれている印象です。

カテゴリー
書評

【書評】人間使い捨て国家 明石順平

今日はマーケットも休みなので、最近読んだ中で印象が残った本を紹介させて下さい。

角川書店から出版された人間使い捨て国家です。タイトルを見るだけでとても気持ちが萎えますが、現状の我が国の問題点が分かりやすく書かれています。

著者はブラック企業問題に専門的に取り組んている弁護士の方です。

まえがきにあるように、安くて便利は低賃金・長時間労働で支えられているという言葉は正にその通りで、我々が当たり前のように受けている日本のおもてなしは、それらの犠牲で成り立っていると言っても過言ではないと思います。

第1章では、日本人の労働時間が他国に比較していかに長いかが書かれており、その労働時間の長さの弊害が人間の体にどのような悪影響を及ぼすかを説明しています。過労死は英語の辞書にもKAROSHIと載っているほど、この異常さは世界でも認知されています。