カテゴリー
マーケット

日経平均株価は29,000円に迫る勢いもマザーズ指数は急落!

こんばんは。木村雅治です。

 

本日の日経平均株価は241円高の28,698円と上昇しましたが、マザーズ指数は31p安の1,207pとなり急落しました。

 

後場が始まる直前に、米国の追加経済対策が2兆ドルになりそうだと報じられると、日経平均株価の上昇は加速する反面グロース株が売られ、マザーズ指数は下げ幅を拡大しました。

 

6532ベイカレントは、120円高の18,530円となり小幅に上昇。引け後に堅調な決算を発表しましたので、とりあえずは一安心です。

 

6541グレイステクノロジーが、250円高の6,640円となり3連騰です!特に理由もなく、8000円台から6,000円前半まで急落していましたが、急速な買戻しが入っています!

 

7317松屋R&Dは340円安の5,760円となり急落!悪材料無しに5.5%の大幅下落となるのは、小型グロースの宿命ですね!

 

日経平均先物は上昇しているので、明日もグロース株は売られるのでしょうか?

 

NYダウ先物は96ドル高で、ナスダック100先物は5p安で推移しており、景気敏感株への資金シフトが再開しそうです。