カテゴリー
マーケット

米上院選挙でトリプルブルーの可能性が高まり成長株から資金が流出!

こんばんは。木村雅治です。

 

本日の日経平均株価は102円安の27,055円の下落で、マザーズ指数は4p高の1,215pとなり小幅に反発となりました。

 

米上院選挙の開票が進むにつれて、民主党が残りの議席を取る可能性が高まり、成長株を中心に利益確定の売りが出ました。

 

2413エムスリーは234円安の9,851円となり下落!朝方は10,305円まで上昇していましたが、民主党立候補者が優勢であると報じられると、一気に萎んでいく動きとなりました。

 

7317松屋R&Dも弱いですね。320円安の5,770円となり5.2%安です!特に悪材料が出たわけでは無いのですが、グロース株から資金が出ている影響ですね。

 

4051GMOFGに資金が向かっています!2,420円高の21,420円となり、何と12.7%高です!昨日ゴールデンクロスを描き上昇の勢いが出てきました。続きそうです!

 

ジョージア州の米上院選挙で、両方の議席を民主党が奪取しそうな開票結果となっており、トリプルブルーの可能性が高まってきていることから、ナスダック100先物が急落しています!

 

NYダウ先物は28ドル高で、ナスダック100先物は276ドル安で推移しており、景気敏感株への資金が一時的にシフトしそうです。