カテゴリー
マーケット

米国株式相場急落も国内相場は底堅い動きとなりました!

こんばんは。木村雅治です。

 

昨日の米国株式相場は、欧州で新型コロナ感染者拡大に端を発して、NYダウが900ドルを超える急落となりましたが、国内相場は底堅い動きとなりました。

 

日本を含むアジア圏では、比較的新型コロナ感染拡大を抑えていることもあり、欧米株に比べると緩やかな動きとなっています。

 

特に、国内では菅政権の旗印のもとにデジタル化が急速に進んでおり、DX関連はさらに伸びていくことが予想され、6027弁護士ドットコムや4475HENNGEなどが買われています。

 

今日も7317松屋R&Dや4479マクアケなど好業績を発表した銘柄が続伸しました。明日の相場にも期待したいですね!

 

そして今夜は、AAPLアップルやAMZNアマゾンの決算発表です。ぜひ好決算を発表して、米国株式相場の地合を良くしてもらいたいと思います。

 

今夜も欧州市場は軒並み弱く、NYダウ先物は40ドル安で推移しています。ナスダック100先物が60ドル高で推移しているのが唯一の救いですね。