カテゴリー
投資理念

下げ相場の買いマインド

最近の新型コロナウイルスの感染拡大から、世界の株式相場が大幅に下落していることは周知の事実です。そんな時はどんなマインドで相場に向かえば良いか、現役証券マンとして私なりの考えを伝えたいと思います。

結論から言うと、事実だけを見て行動をすることが大切です。どんな意味かと言いますと、アナリストなどの無責任なコメントなどに惑わされずに配当利回り、PER、フリーキャッシュフロー、株価などの事実の数字だけを見て投資をするか判断をした方が良いと思います。

ほとんどの人が頭では理解していても、実際は株が騰がれば買うし下がれば売ることが多いです。本当に多いです。この行動を続けている限り、資産を増やすことは出来ません。

株価が高い時はいくらまで下落したら買うぞと決めていても、いざその株価に来た時には買えない人が本当に多いです。だからこそ、本当に資産が増やしたければ今買うしか無いのです。

最近よく2番底があると言う人が多いのですが、世間の人々がそんなことを言う時は、案外その2番底は無いものです。

相場の格言に人の行く裏に道あり花の山とあります。世間の同じ行動を取っていたら平均的な運用成績になります。今こそリスクを取って真の投資家になりたいものです。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。