カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

★祝!100記事目★NYダウは過去最大の下げ幅となりました!日経平均株価は小反発!

  • 日経平均株価: 17,011.53 +9.49
  • TOPIX: 1,268.46 +32.12
  • NYダウ平均: 20,188.52 -2,997.10
  • S&P500: 2,386.13 -324.89
  • ナスダック: 6,904.59 -970.29

本日の国内相場は、前日のNYダウが3,000ドル近く下落しましたが、日中のNYダウ先物価格が上昇していたこともあり日経平均株価は小反発となりました。

寄付き前からNYダウ先物価格が大きく上昇しており、寄付き直後の日経平均株価は、前日の米国株式相場の大暴落の割には前日比-280円で始まりました。

その後、徐々に下げ幅を拡大していき日経平均株価が16,300円台をつけたことから、日銀のETFの買い支えやGPIFの買いに期待が出て大きく買戻しが入り一時、前日比+550円を超える場面もありましたが、高値ではすかさず利益確定の売りが入り再度マイナス圏に突入しました。

後場に入ってから、日経平均株価は売り買い膠着状態となり上下幅が著しく小さくなる展開となりました。

結局、日経平均株価は前日比+9円の17,011円となり5営業日ぶりの反発となり取引を終えました。

昨日の米国株式相場は、NYダウが史上最大の下げ幅となり主要3指数ともに大幅下落しました。

日本時間の朝にFRBがFFレートを1%緊急に引き下げ実質0%にしましたが、マーケットには悲観的に捉えられNYダウ先物価格は前日比-1,000ドルを超えてサーキットブレーカーが発動しました。

寄付き直後のNYダウは、前日比-2,250ドルとなり暴落して始まり、すぐに15分間の取引制限がかかりました。

取引再開後には幅広い銘柄に売りが入り、特に利下げによる収益悪化が懸念される金融関連株を中心に暴落しました。

取引が進むに連れて主要3指数ともに下げ幅を拡大していき、売りに歯止めがかからない状態となっていきました。

結局、NYダウは前日比-2,997ドルの20,188ドルとなり一日の下げ幅として過去最大となり取引を終えました。

ブログを書いている時点のNYダウ先物は、前日比+700ドルで推移しており今夜は反発して始まりそうです。

ブログの題名にも書いた通り本日のブログが100記事目となりました。当ブログを閲覧してくれる人が日々増えており感謝しております。拙い文章ですが少しでも皆様の資産運用に役立てばという思いから書いています。次は1000記事を目指して頑張りたいと思いますので、どうか引き続きよろしくお願い致します。

 

★本日の注目銘柄

XOM エクソンモービル 石油メジャーの最大手 ジョンロックフェラーが設立したスタンダードオイルが元となっています。最近のWTI原油価格の下落に伴って株価が下落しています。配当利回りが株価低下により上昇中。38年連続増配中。

MA マスターカード 米国のクレジットカード会社 世界シェアはVISAに次ぎ第2位。2/11に中国本土での銀行決済認可を中国人民銀行から受けました。これで27兆ドルの決済市場に参入することとなります。更なる成長が期待出来そうです。

MMM 3Mカンパニー 米国に本拠を置く世界的化学・電気素材メーカー。Post itやScotchブランドが特に有名です。62年連続増配中。

3038 神戸物産 12/13の引け後に発表した決算が予想以上の結果でした。10月期の連結経常利益が予想の163億円を上回り、193億円となりました。さらに20年10月期予想も強気で7期連続で過去最高益を更新する見込みです。中期で保有しても大きく利益が取れそうです。

業務スーパーを運営。今夏はタピオカブームで業績がさらにアップしました。

7532 パンパシフィックIH 総合ディスカウントストアのドン・キホーテを中心に事業を展開しています。今後、日本の景気が少し沈みそうな状態なのでデフレ銘柄の株は期待出来ると思います。

★今週の重要イベント

3/17(火)独3月ZEW景況感指数 FOMC(~18日)米2月小売売上高 米2月鉱工業生産・設備稼働率

3/18(水)パウエルFRB議長会見

3/19(木)2月消費者物価指数 米2月CB景気先行総合指数

3/20(金)米2月中古住宅販売件数

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。