カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

昨日に引き続き米国株式相場は主要3指数ともに暴落!NYダウは2日で1,900ドル以上下げています!

  • 日経平均株価: 22,426.19 -179.22
  • TOPIX: 1,606.17 -12.09
  • NYダウ平均: 27,081.36 -879.44
  • S&P500: 3,128.21 -97.68
  • ナスダック: 8,965.61 -255.67

本日の国内相場は、前日の米国株式相場が2日連続で大幅下落したこともあり日経平均株価は下落しました。

寄付き直後の日経平均株価は、寄付き前の日経平均先物価格が前日比-500円を超えて推移していましたが、NYダウ先物価格が上昇するのに従って前日比-200円まで戻して始まりました。

新型肺炎の感染が世界各地で拡大しており、相場が進むにつれてアジア市場も弱く始まったことから日経平均株価は下げ幅を拡大していき、一時は前日比-450円を超える場面もありました。

しかし後場に入ってからは、徐々に内需株を中心に自律反発の買戻しが入り相場全体を押し上げました。

結局、日経平均株価は前日比-179円の22,426となり取引を終えました。

昨日の米国株式相場は、新型肺炎の感染がスイスやスペインでも発見され主要3指数ともに2日連続で大幅に下落しました。

寄付き前に発表された、12月FHFA住宅価格指数やS&PコアロジックCS20都市住宅価格指数は予想を上回る数字となりNYダウは前日比+160ドルで始まりました。

しかしスイスで初めて新型肺炎の感染が確認され、さらにスペインで1,000人ほど感染懸念がある人々がホテルに隔離されていると報道されると、主要3指数ともに一気に売りが集中しました。

取引時間が進むにつれて幅広い銘柄に売りが入り、全体相場を押し下げる展開となりました。

結局、NYダウは前日比-879ドルの27,081ドルとなり2日で1900ドルを超える下落幅となり取引を終えました。

高配当のタバコ株や原油株などは、いずれもPER10倍を割れており配当利回りが8%に達する銘柄も散見され始めています。

新型肺炎の感染拡大により多少は世界景気が鈍化してくるとは思いますが、両銘柄はそんな状況下でも日々潤沢なキャッシュを事業で生んでいるはずですので、どんどん買って株数を増やしていくのが良いと思っています。

 

★本日の注目銘柄

XOM エクソンモービル 石油メジャーの最大手 ジョンロックフェラーが設立したスタンダードオイルが元となっています。最近のWTI原油価格の下落に伴って株価が下落しています。配当利回りは6%近いです。38年連続増配中。

MA マスターカード 米国のクレジットカード会社 世界シェアはVISAに次ぎ第2位。2/11に中国本土での銀行決済認可を中国人民銀行から受けました。これで27兆ドルの決済市場に参入することとなります。更なる成長が期待出来そうです。

3038 神戸物産 12/13の引け後に発表した決算が予想以上の結果でした。10月期の連結経常利益が予想の163億円を上回り、193億円となりました。さらに20年10月期予想も強気で7期連続で過去最高益を更新する見込みです。中期で保有しても大きく利益が取れそうです。

業務スーパーを運営。今夏はタピオカブームで業績がさらにアップしました。

6758 ソニー 業務内容は説明不要な優良銘柄です。各社ものすごく強気なレーティングを出しています。9,000~10,000円の目標株価をつけている会社も複数存在しています。

アメリカから主要製品の輸出規制を受けている中国のHUAWEIと取引が拡大しているようです。さらにゲーム事業が好調なのと自社株買いが株価上昇に寄与しているようです。中長期で保有しても大きく利益が狙えそうです。

★今週の重要イベント

2/25(火)米12月S&PコアロジックCS住宅価格指数 米2月CB消費者信頼感指数

2/26(水)米1月新築住宅販売件数

2/27(木)米10-12月期のGDP改定値

2/29(土)中2月製造業PMI

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。