カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

WHOが新型コロナによる肺炎の世界全体危険度を非常に高いに引き上げ!NYダウは7日続落!

  • 日経平均株価: 21,142.96 -805.27
  • TOPIX: 1,510.87 -57.19
  • NYダウ平均: 25,409.36 -357.28
  • S&P500: 2,954.22 -24.54
  • ナスダック: 8,567.37 +0.89

国内相場は昨日のブログを参考にして下さい。

昨日の米国株式相場は、WHOが新型コロナウィルスによる肺炎の世界危険度を4段階のうち最高位の非常に高いに引き上げたことによって、NYダウは7日続落となりました。

寄付き前からNYダウ先物は前日比-450ドルで推移しており、寄付き直後のNYダウは前日比-500ドルで始まりました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

NYダウは6日続落で1日の下げ幅としては過去最大です!日経平均株価の週間下落幅は2,243円です!

  • 日経平均株価: 21,142.96 -805.27
  • TOPIX: 1,510.87 -57.19
  • NYダウ平均: 25,766.64 -1,190.95
  • S&P500: 2,978.76 -137.63
  • ナスダック: 8,566.48 -414.29

本日の国内相場は、前日のNYダウが6日連続で下落したことから日経平均株価も大幅下落しました。

寄付き直後の日経平均株価は前日比-430円で始まり、9時の開始時間になってもほとんどの銘柄が値がつかない状態でした。

大部分の銘柄が寄り付いた時には、日経平均株価は前日比-600円を超える下落幅となりました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

新型肺炎の感染拡大によってNYダウは5日続落!日経平均株価も3日続落!

  • 日経平均株価: 21,948.23 -477.96
  • TOPIX: 1,568.06 -38.11
  • NYダウ平均: 26,957.59 -123.77
  • S&P500: 3,116.39 -11.82
  • ナスダック: 8,980.77 +15.16

本日の国内相場は、前日のNYダウが5日連続で下落したことから日経平均株価も大幅下落しました。

寄付き直後の日経平均株価は前日比-170円で始まり、本日もマーケット全体が悲観的なムードとなりました。

取引が進むにつれて幅広い銘柄に売りが出て、日経平均株価は下げ幅を拡大していく展開となりました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

昨日に引き続き米国株式相場は主要3指数ともに暴落!NYダウは2日で1,900ドル以上下げています!

  • 日経平均株価: 22,426.19 -179.22
  • TOPIX: 1,606.17 -12.09
  • NYダウ平均: 27,081.36 -879.44
  • S&P500: 3,128.21 -97.68
  • ナスダック: 8,965.61 -255.67

本日の国内相場は、前日の米国株式相場が2日連続で大幅下落したこともあり日経平均株価は下落しました。

寄付き直後の日経平均株価は、寄付き前の日経平均先物価格が前日比-500円を超えて推移していましたが、NYダウ先物価格が上昇するのに従って前日比-200円まで戻して始まりました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

新型肺炎の感染が世界規模で拡大しており米国株式相場は主要3指数ともに大暴落!日経平均株価も暴落!

  • 日経平均株価: 22,605.41 -781.33
  • TOPIX: 1,618.26 -55.74
  • NYダウ平均: 27,960.80 -1,031.61
  • S&P500: 3,225.90 -111.85
  • ナスダック: 9,221.28 -355.31

本日の国内相場は、前日の米国株式相場が大幅下落したこともあり日経平均株価は大暴落しました。

寄付き直後の日経平均株価は、開始時間の9時になってもほとんどの銘柄が値がつかず始まりました。

大半の銘柄が値がつき始めた頃に、日経平均株価は一時前日比-1000円を超える下落幅となりましたが、売り一巡後は買戻しが入る展開となりました。

カテゴリー
銘柄紹介

米国個別優良銘柄の紹介 ④ Coca Cola:KO

再現性のある資産家になるためには、優良銘柄に投資をして、その銘柄から出る配当を再投資する必要性は前にもお伝えしましたが、銘柄選定はとても難しいと思いますので私の考える優良銘柄を紹介したいと思います。

本日ご紹介したいのは、あの世界一著名な投資家であるウォーレンバフェットが率いるバークシャハザウェイも保有している清涼飲料水のコカ・コーラです。

今さら説明する必要もないぐらい認知度が高いコカ・コーラですが、世界200カ国を超える国々で500ブランド以上のノンアルコール飲料事業を展開しています。認知度が特に高い商品としてはコカ・コーラ、ファンタ、スプライト、ミニッツメイドなどがあります。

基本的な事業としては米国本社が各国々にある提携先ボトラーに原液を供給して、製品の企画開発やマーケティングを担当してるので新たな設備投資などが不要なこともあり、非常に恒久的な利益率の高い事業を展開し続けています。

2018-2020年度の営業利益率は25-29%で推移しており上記に示した理由からとても高い数字を保っています。

営業キャッシュフローマージンに関して説明すると2018年度は18%、2019年度は23%、2020年度は28%と清涼飲料水業界の中でも非常に高い率を保っています。

そしてフリーキャッシュフローは2018年度は4,246mUSD、2019年度は13,759mUSD、2020年度は6,495mUSD毎年莫大なキャッシュを生み出しており、これらが安定した自社株買いや配当といった株主還元を継続させる原資となっています。

現在の株価は60ドルを超えてPERも28倍を超えており、少し過熱感があると思いますので定期的に株価を見ながら買っていく方法を取るのが良いかと考えています。

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

当該銘柄の投資は自己責任でお願いします。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

2月の米PMIは50を下回り米国株式相場は主要3指数ともに大幅下落!

  • 日経平均株価: 23,386.74 -92.41
  • TOPIX: 1,674.00 -0.48
  • NYダウ平均: 28,992.41 -227.57
  • S&P500: 3,337.75 -35.48
  • ナスダック: 9,576.59 -174.37

国内相場は昨日のブログを参考にして下さい。

昨日の米国株式相場は、新型肺炎の感染拡大と米国の景況感指数の悪化により主要3指数ともに大幅に下落しました。

寄付き直後のNYダウは前日比-70ドルで始まりましたが、2月のPMIの速報値が好不況の境目である50を下回ったことと新型肺炎の感染者数が韓国でも増加しておりハイテク銘柄中心に売りが加速しました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

3連休前を意識した売りで日経平均株価は3日ぶりに反落!NYダウ先物も下落しています。

  • 日経平均株価: 23,386.74 -92.41
  • TOPIX: 1,674.00 -0.48
  • NYダウ平均: 29,219.98 -128.05
  • S&P500: 3,373.23 -12.92
  • ナスダック: 9,750.96 -66.22

本日の国内相場は、3連休前を意識した売りに押され日経平均株価は下落しました。

寄付き直後の日経平均株価は前日比-70円で始まりましたが、ドル円為替が112円になり輸出株中心に買い戻され一時は前日比+110円になる場面もありましたが、円安が国内景気を悲観したものと分かり買いは続かずにマイナスに転じました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

S&P500、ナスダックともに終値ベースで最高値を更新!日経平均株価は小幅に反発!

  • 日経平均株価: 23,479.15 +78.45
  • TOPIX: 1,674.48 +2.62
  • NYダウ平均: 29,348.03 +115.84
  • S&P500: 3,386.15 +15.86
  • ナスダック: 9,817.18 +84.44

本日の国内相場は、ドル円為替が111円となり日経平均株価は大きく上昇して推移していましたが、後場始まる前に出たクルーズ船の新型肺炎感染者が亡くなったことが報道されると急速に上げ幅を縮める形となりました。

寄付き前から米ドルが急上昇したことを受けて、日経平均株価は前日比+260円以上で始まりました。

カテゴリー
マーケット 新型コロナ相場

アップル関連株中心に買い戻しが入り日経平均株価は5日ぶりに上昇しました!

  • 日経平均株価: 23,400.70 +206.90
  • TOPIX: 1,671.86 +6.15
  • NYダウ平均: 29,232.19 -165.89
  • S&P500: 3,370.29 -9.87
  • ナスダック: 9,732.74 +1.56

本日の国内相場は、自律反発により日経平均株価は5日ぶりに上昇しました。

寄付き直後から日経平均株価は前日比+130円で始まり、昨日の大幅下落から買戻しが入りました。

特に、前日のプチアップルショックの影響で売られていた村田製作所などスマホ関連銘柄を中心に買戻される展開となりました。