カテゴリー
マーケット

日経平均株価は小幅な上昇ながら昨年来高値を更新!

  • 日経平均株価: 24,083.51 +42.25
  • TOPIX: 1,744.16 +8.72
  • NYダウ平均: 29,348.10 +50.46
  • S&P500: 3,329.62 +12.81
  • ナスダック: 9,388.94 +31.54

本日の国内相場は、3日続伸となり昨年来高値を更新しました。

寄付き直後から17日の終値を上回って推移しましたが、今夜の米国株式相場は、キング牧師の誕生日で祝日となり休場となることから市場参加者は限定的でした。

カテゴリー
マーケット

NYダウは5日続けて上昇!主要3指数ともに終値ベースで最高値を更新!

  • 日経平均株価: 24,041.26 +108.13
  • TOPIX: 1,735.44 +6.72
  • NYダウ平均: 29,348.10 +50.46
  • S&P500: 3,329.62 +12.81
  • ナスダック: 9,388.94 +31.54

国内相場は、昨日のブログを参考にして下さい。

昨日の米国株式相場は、NYダウが5日続伸して主要3指数ともに終値ベースで最高値を更新しました。

NYダウは、寄付き直後から前日の終値を上回って始まりました。米中第一段階合意の調印も無事に終えて、両国の関係改善が意識された買いが入っているようです。

カテゴリー
マーケット

日経平均株価は3日ぶりに終値ベースで24,000円を突破しました!

  • 日経平均株価: 24,041.26 +108.13
  • TOPIX: 1,735.44 +6.72
  • NYダウ平均: 29,297.64 +267.42
  • S&P500: 3,316.81 +27.52
  • ナスダック: 9,357.13 +98.43

本日の国内相場は、3日ぶりに終値ベースで24,000円を維持して相場を終えました。

前日の米国株式相場も高く終わり、日経平均株価は朝方から24,000円を上回って始まりました。

後場に入っても金曜日にかかわらず、利益確定の売りに押されることなく強い相場展開となりました。

カテゴリー
マーケット

NYダウは終値ベースで29,000ドルに到達しました!

  • 日経平均株価: 23,933.13 +16.55
  • TOPIX: 1,728.72 -2.34
  • NYダウ平均: 29,030.22 +90.55
  • S&P500: 3,289.29 +6.14
  • ナスダック: 9,258.70 +7.37

本日の国内相場は、東証一部売買代金の活況を表すか否かの2兆円を下回り、小幅に上昇して終わりました。

朝方は前日の終値を少し上回って推移しましたが、その後は売り買い交錯が続く展開となりました。

後場に入っても特に目立った買戻しは入らずに、米中第一段階合意の署名も無事に終わったことから、材料出尽くしで中国関連株中心に利益確定の売りに押される展開となりました。

カテゴリー
マーケット

NYダウは小幅に反発するもS&P、ナスダック、日経平均株価は下落しました。

  • 日経平均株価: 23,916.58 -108.59
  • TOPIX: 1,731.06 -9.47
  • NYダウ平均: 28,939.67 +32.62
  • S&P500: 3,283.15 -4.98
  • ナスダック: 9,251.33 -22.60

本日の国内相場は、前日の終値を一度も抜けることなく下落して終わりました。

寄付きから小幅に反落して始まり、少し買い戻される場面もありましたが長くは続きませんでした。

後場に入ってからも、特に目立った買戻しは入らずに下落して推移しました。

カテゴリー
マーケット

米中関係の改善を好感して日経平均株価は節目の24,000円台を回復しました!

  • 日経平均株価: 24,025.17 +174.60
  • TOPIX: 1,740.53 +5.37
  • NYダウ平均: 28,907.05 +83.28
  • S&P500: 3,288.13 +22.78
  • ナスダック: 9,273.93 +95.07

本日の国内相場は、1ヶ月ぶりに24,000円台を突破して相場を終えました。

朝方から節目の24,000円台を抜け、ドル円為替も2019年5月以来の110円で推移しました。

米国が中国を為替操作国から除外して、1月15日に米中第一段階合意の署名をする予定であることから好感した買いが断続的に入りました。

カテゴリー
銘柄紹介

米国個別優良銘柄の紹介 ③ AbbVie :ABBV

本日は、米国個別優良銘柄第3弾の医薬品大手AbbVieを紹介したいと思います。あまり名前を聞いたことがないかもしれませんが、アボットラボラトリーズから研究開発型の製菓事業をスピンオフする形で、2013年にNY証券取引所に上場しました。

主に関節リウマチや乾癬、HIVの治療薬を開発しています。特に関節リウマチのHUMIRAが、売上の60%を占めています。

2019年6月に、シミやほうれい線を改善するボトックスで有名なアイルランドのアラガンを約630億USDで買収したことが話題となりました。

カテゴリー
書評

【書評】人間使い捨て国家 明石順平

今日はマーケットも休みなので、最近読んだ中で印象が残った本を紹介させて下さい。

角川書店から出版された人間使い捨て国家です。タイトルを見るだけでとても気持ちが萎えますが、現状の我が国の問題点が分かりやすく書かれています。

著者はブラック企業問題に専門的に取り組んている弁護士の方です。

まえがきにあるように、安くて便利は低賃金・長時間労働で支えられているという言葉は正にその通りで、我々が当たり前のように受けている日本のおもてなしは、それらの犠牲で成り立っていると言っても過言ではないと思います。

第1章では、日本人の労働時間が他国に比較していかに長いかが書かれており、その労働時間の長さの弊害が人間の体にどのような悪影響を及ぼすかを説明しています。過労死は英語の辞書にもKAROSHIと載っているほど、この異常さは世界でも認知されています。

カテゴリー
マーケット

米12月雇用統計は予想を下回りましたが雇用情勢は堅調さを維持しています

  • 日経平均株価: 23,850.57 +110.70
  • TOPIX: 1,735.16 +6.11
  • NYダウ平均: 28,823.77 -133.13
  • S&P500: 3,265.35 -9.35
  • ナスダック: 9,178.86 -24.57

国内相場は昨日のブログを参考にして下さい。

昨日の米国株式相場は、主要3指数ともに小幅に下落しました。

寄付き前に発表された12月の雇用統計は、非農業部門の就業数が前月比+14.5万人となり予想を下回りましたが、失業率3.5%で米国経済の底堅さを示しました。

朝方からNYダウは小幅に反発して始まり、一時は29,000ドルを超える場面もありましたが、その後は利益確定に押される展開となりました。

カテゴリー
マーケット

米国株式主要3指数は終値ベースで最高値を更新!本日は米12月雇用統計に注目

  • 日経平均株価: 23,850.57 +110.70
  • TOPIX: 1,735.16 +6.11
  • NYダウ平均: 28,956.90 +211.81
  • S&P500: 3,274.70 +21.65
  • ナスダック: 9,203.43 +74.19

本日の国内相場は、米国とイランの関係悪化懸念が少し緩和したことで、前日の米国株式主要3指数が揃って最高値を更新したことを好感して上昇しました。

寄付きから買いが先行して、前場では一時23,900円台をつける場面もありました。

しかし相場が進むにつれて、日経平均への寄与度が高いファーストリテイリング株が前日の決算で下方修正したことで大幅に下落したことや、今夜の米12月雇用統計を見極めることからの買い控えが重なり徐々に上げ幅は縮小しました。