カテゴリー
マーケット 中東ショック

中東情勢悪化懸念は一先ず和らぎ、日経平均株価は大幅上昇です!

  • 日経平均株価: 23,739.87 +535.11
  • TOPIX: 1,729.05 +27.65
  • NYダウ平均: 28,745.09 +161.41
  • S&P500: 3,253.05 +15.87
  • ナスダック: 9,129.24 +60.66

本日の国内相場は、ここ数日の米国とイランの関係悪化による下落分を、一気に取り戻す動きとなりました。

米国時間の朝方にトランプ大統領が演説をして、イランへの報復のために軍事力を行使したくないと発言したことで、米国株式相場が反発したことから、日経平均株価は寄付きから前日比+300円以上で始まり、買い優勢のまま推移していきました。

後場に入っても、買いの勢いは衰えることなく上昇していきました。ドル円相場も109円を超え、日経平均株価は一時、前日比+550円を超える場面もあるほど強い相場となりました。

結局、日経平均株価は前日比+535円の23,739円で取引を終えました。

今日で東証一部の売買代金は4日連続で2兆円を上回っており、ボラティリティが非常に大きい大商い相場が続いています。

昨日の米国株式相場も主要3指数ともに反発しました。

朝方に発表された12月のADP雇用統計は、+20.2万人となり予想を大きく上回る数字となりましたが、NYダウは小幅安で始まりました。

その後、ナスダック銘柄中心に買戻しが入りプラス圏に浮上しました。

さらにトランプ大統領のイラン報復問題に対して演説が始まり、追加制裁は課すが軍事行動は起こさないことを表明したことから、主要3指数ともプラス幅が拡大しました。

結局、NYダウは前日比+161ドルの28,745ドルまで上昇して取引を終えました。

イランの報復攻撃に対して米国の更なる報復攻撃の可能性が低くなったことから、ひとまずは両国の軍事衝突という最悪のシナリオは免れました。

ブログを書いている時点のNY先物は、前日比+140ドルで推移しているので、本日の米国株式相場は寄付きから反発の期待が出来そうです。

 

★本日の注目銘柄

4251 恵和 10/30に東証2部に上場しました。公募価格は770円でした。本日も強い動きが継続しており前日比+5.8%の2,732円で引けました。ただ後場が終わる間際に、一気に2,400円まで下がるナイアガラがあり、その前には高値2,967円の上髭をつけたことから、明日からは今までのように簡単に日計りは出来ないかもしれません。

スマホ向けの高機能フィルムの売り上げが伸びており、業績はかなり好調です。

3038 神戸物産 12/13の引け後に発表した決算が予想以上の結果でした。10月期の連結経常利益が予想の163億円を上回り、193億円となりました。さらに20年10月期予想も強気で7期連続で過去最高益を更新する見込みです。中期で保有しても大きく利益が取れそうです。

業務スーパーを運営。今夏はタピオカブームで業績がさらにアップしました。

6758 ソニー 業務内容は説明不要な優良銘柄です。各社ものすごく強気なレーティングを出しています。9,000~10,000円の目標株価をつけている会社も複数存在しています。

アメリカから主要製品の輸出規制を受けている中国のHUAWEIと取引が拡大しているようです。さらにゲーム事業が好調なのと自社株買いが株価上昇に寄与しているようです。中長期で保有しても大きく利益が狙えそうです。

★今週の重要イベント

  • 1/10(金)日11月景気動向指数 米12月雇用統計
  • 1/11(土)台湾総統選挙

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。