カテゴリー
マーケット

米国株式相場は3指数ともに上昇して2019年を締め括りました!

  • 日経平均株価: 23,656.62 -181.10
  • TOPIX: 1,721.36 -11.82
  • NYダウ平均: 28,538.44 +76.30
  • S&P500: 3,230.78 +9.49
  • ナスダック: 8,972.60 +26.61

国内相場は、12/30のブログを参考にして下さい。

米国株式相場は、3指数ともに上昇して2019年を締め括りました。

朝方は小反発で始まりましたが、徐々に利益確定に押される展開となりました。

その後も、目立った買戻しは入らずに前日の終値を下回る水準で推移しました。

しかし、相場が終わる少し前に、トランプ大統領が2020/1/15に米中第一段階合意の署名をすることをツイートして、相場は大きく反転しました。

結局、NYダウは前日比+76ドルの28,538ドルで取引を終えました。

米国株式相場は、この1年間で+22%(+約5,200ドル)となり、大幅上昇する結果となりました。

この1年を振り返ると、米中貿易協議で振り回されることが多かったですが、失業率の大幅低下や随時発表される指標が改善しており、米国経済はかなり堅調であることを示唆しています。

過去の米大統領選挙が実施される年のNYダウは、戦後18回中13回で72%の確率で上昇していることから、今年も強い相場になることが期待出来ます。

このブログでも度々書いていますが、相場がリスクオンモードになっている時は、下手に調整時の逆張りを狙うより、順張りで上昇の波に乗っていた方が利益が取れることが多いと思います。

★国内株の注目銘柄

6166 中村超硬 一時は株価が317円まで下落しており瀕死状態だったのですが、10/17にゼオライト粒子の製造技術を確立と発表してから、不死鳥のごとく株価はリバウンドしました。本日も前日比+8%の1,127円で引けました。高値は1,130円だったので、ほぼ高値引けです。止まりませんね。

4251 恵和 10/30に東証2部に上場しました。公募価格は770円でした。本日は前日比+12%の2,040円で引けました。これもほぼ高値引けです。全体相場が弱い時はこのような銘柄に資金が集まり易いです。公募価格から約3倍になっています。

スマホ向けの高機能フィルムの売り上げが伸びており、業績はかなり好調です。

3038 神戸物産 12/13の引け後に発表した決算が予想以上の結果でした。10月期の連結経常利益が予想の163億円を上回り、193億円となりました。さらに20年10月期予想も強気で7期連続で過去最高益を更新する見込みです。中期で保有しても大きく利益が取れそうです。

業務スーパーを運営。今夏はタピオカブームで業績がさらにアップしました。

6758 ソニー 業務内容は説明不要な優良銘柄です。各社ものすごく強気なレーティングを出しています。

アメリカから主要製品の輸出規制を受けている中国のHUAWEIと取引が拡大しているようです。さらにゲーム事業が好調なのと自社株買いが株価上昇に寄与しているようです。中長期で保有しても大きく利益が狙えそうです。

★今週の重要イベント

  • 1/3(金)米12月ISM製造景況指数 12/10-11開催のFOMC議事録

 

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。