カテゴリー
節税

NISA、積立NISA、iDeCoの違いについてまとめました。

投資は始めてみたいけど何に投資をしたら良いか分からない方は、手前味噌ですがこのブログを参考にして頂けたら幸いです。

何に投資をするかは決まったけど、資金がそんなに余裕が無い、多額の資金をリスクに晒したくないという方はNISA、積立NISA、iDeCoを活用してみたら良いと思います。

名前は聞いたことがあるけど、内容はよく分からないという方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、投資をするなら必ずどれかは活用した方が良いと思います。もちろん併用も可能です。

NISA

NISAは2014年から始まった制度です。株式、投資信託などの値上がり益、配当金・分配金が非課税となります。当初は年間100万円までが限度でしたが、現在は120万/年まで投資可能です。例えば2020年に株式を投資した場合、2024年の末までの5年間、値上がり益と配当金が非課税になります。

配当金を非課税にするためには、比例配分方式の申込みを忘れないようにして下さい。

毎年120万円の投資対象が無い場合は、既にNISAで購入した株や投資信託をさらに5年間非課税枠期間を延長できるロールオーバーという制度もあります。

但し、120万円/年の非課税枠は一度売却するとその年の枠は消滅していますので、なるべく長く保有した方が良いと思います。

積立NISA

積立NISAは2018年から始まった制度です。上記のNISA積立NISAどちらかを選択することが可能です。併用は出来ません。

積立NISAは、40万円/年を20年間投資することが出来ます。投資可能商品は、金融庁が認定した投資信託かETF(上場投信)となります。販売手数料が無かったり信託報酬料が低い商品がメインとなります。

毎月積立をするので、基準価格が高い時には少ない口数を買付し、低い時には多く口数を買付出来るため、買付金額を平準化することが出来ます。

40万円/年の投資枠なので、比較的少額から投資が可能で20年間という時間を味方につけることが出来ることから、若い世代向けであると思います。

iDeCo

最後にiDeCoですが、これは確定拠出年金とも言われる制度です。投資の方法としては積立NISAに似ている制度ですが、一番の違いは拠出金が所得控除となり、住民税と所得税が軽減されるところが特長です。

例えば、年収500万円の扶養家族がいないサラリーマンが毎月2万円拠出した場合、所得税が24,600円、住民税が24,000円の合計48,600円が節税出来ます。

iDeCoの場合は、必ず変動商品に投資をする必要が無く、元本保証型の投資先もあるので、リスクを取りたくない人にもお勧め出来る制度です。

さらに、運用期間中の利益確定は非課税で、将来に一時金として受け取るときも1,500万円まで課税されません。

但し、NISA積立NISAは運用期間中にいつでも出金することが可能ですが、iDeCoは60歳まで出金が出来ないことが最大のデメリットだと思います。

資産を増やしていくためには、税金制度を理解して賢く投資をすることが大切です。