カテゴリー
マーケット

米ISM製造景況指数ダメでした!

 

  • 日経平均株価:23,379.81 -149.69
  • TOPIX: 1,706.73 -7.76
  • NYダウ平均:27,783.04 -268.37
  • S&P500: 3,113.87 -27.11
  • ナスダック:8,567.99 -97.48

 

本日の相場は昨日ようやく日経平均株価が最近の節目、23,500円を抜けてこれから24,000円に向かっていくかと期待をさせてくれましたが、一瞬でその楽観的なマインドを打ち砕くように終値ベースで23,379円に下落してしまいました。

では昨日の米国市場で何が起きたかを説明したいと思います。

昨日の日本市場が終わる15時にはNYダウ先物はおよそ100ドル以上高く推移していました。しかし、米国時間の早朝にトランプ大統領のブラジル・アルゼンチン製の鉄鋼・アルミニウムに対する関税を復活させるというトランプ節がさく裂します。

その後、米国時間の10時前に11月のISM製造景況指数が予想より低い48.1と発表。さらに10月の建設支出は前月比-0.8とこれも予想より低い数字が発表されるというダブルパンチにより、投資家マインドが急速に冷却されました。

そして昨日はまだあります。ロス商務長官が中国との合意がなければ関税の引き上げは実行されるだろうと余計な発言をして売りが売りを呼ぶ展開になりました。

当然ながら日本市場は上述した米国市場の大幅下落を受け寄付きから下落しました。一時は前日比-300円まで行きましたが、少し買戻しも入り最終的には前日比-149円で落ち着いたことが唯一の救いでした。

しかし、相場というのは面白いもので日経平均株価が大幅下落していても騰がっている銘柄、それも前日比+10%以上という銘柄が存在しています。

昨日、本日の注目銘柄に書いた2銘柄ともが朝からS高気配で(阿波製紙は途中売買出来ました。)明日も期待できる動きとなっています。

 

★本日の注目銘柄

3896 阿波製紙 昨日に引き続き注目です。まだ買いで入っても利益が取れそうな気がします。

京都大学とデンソーが共同で植物由来の新素材を採用した自動車部品を実用化すると日経が報じたのですが、利用される新素材セルロースナノファイバーを阿波製紙が手掛けているので今後を期待した買いが入ってます。

8057 内田洋行 これも引き続き注目銘柄として注視したいと思います。

これは決算が予想より大幅に良くて買われています。小中高校向け教育ICT分野で大型案件を獲得したことが業績に寄与しています。

4477 BASE ここ最近また動き始めているので短期勝負なら利益が狙えるのではないかと思ってます。

BASEというEコマースプラットフォームとオンライン決済システムを提供している会社です。IPO時はネット評判はいまいちでしたが、ここ最近の株価は絶好調です

★今週の重要イベント

  • 12/4(水)米11月ADP雇用統計             米11月ISM非製造業景況指数
  • 12/5(木)米10月貿易収支
  • 12/6(金)米11月雇用統計

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。