カテゴリー
マーケット

日経平均株価ようやく23500円抜けました

 

  • 日経平均株価:23,529.50 +235.59
  • TOPIX: 1,714.49 +15.13
  • NYダウ平均:28,051.41 -112.59
  • S&P500: 3,140.98 -12.65
  • ナスダック:8,665.47 -39.71

タイトルにもあるように、ようやく日経平均株価は23,500円抜けました。結構長い間この近辺でウロウロした動きでした。

最近の日経平均リンク債やプライベートボンドの早期償還は23,500円近辺に設定されているのが多いです。

そして早期償還の基準値に接近すると、先物の買い持ち高を解消するために、売却が増えて短期的にはそれが上値抵抗圧力になっていると言われてました。

しかし結構あっさり抜けて終値ベースでも23,500円維持できたので少し安心した人も多いのではないでしょうか。

ではまず、金曜日にNYダウが下がった理由から書きたいと思います。

皆様もご存じの通りトランプ大統領が香港人権法案に署名して正式に同法が成立しました。当然、中国は内政干渉だ!なんて言って怒るわけです。そして改めて報復措置をとるとアメリカに警告しました。

投資家はこれらの情報から米中協議の不透明感が高まると感じ、売りに走りました。ただ、感謝祭当日のオンライン販売データなどが予想より好調なのもありNYダウは112ドル下げぐらいで止まりました。

では、日経平均株価は今日なぜ250円以上も騰がったのかを書いていきたいと思います。

普通に考えれば、NYダウS&P500が前日に下がると朝から日経平均先物が下がって日経平均株価も下がるはずです。

しかし今日の相場はその通りにはなりませんでした。

実は30日の土曜日に中国が発表した製造業購買担当者景気指数(PMI)が前月比+0.9ポイントの50.2だったのです。この指数は50を上回れば拡大を表しますので、こんなに米中で貿易戦争をしているのに良い結果が出るなんて驚きだ!という事から投資家心理を改善させ、休日明けで一番早く開く日本市場が買われたという事です。

★本日の注目銘柄

3896 阿波製紙 京都大学とデンソーが共同で植物由来の新素材を採用した自動車部品を実用化すると日経が報じたのですが、利用される新素材セルロースナノファイバーを阿波製紙が手掛けているので今後を期待した買いが入ってます。2日連続でS高なので短期勝負にはなると思いますが、面白い展開になりそうです。

8057 内田洋行 これもS高になってました。これは決算が予想より大幅に良くて買われています。小中高校向け教育ICT分野で大型案件を獲得したことが業績に寄与しています。

★今週の重要イベント

  • 12/2(月)日7-9月期法人企業統計       米11月ISM製造景況指数
  • 12/4(水)米11月ADP雇用統計             米11月ISM非製造業景況指数
  • 12/5(木)米10月貿易収支
  • 12/6(金)米11月雇用統計

【免責事項】

本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。

本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

最終的な決定・判断は自己責任にてお願い致します。